小さな扇風機

最近はずみで2個購入してしまった小さな扇風機について語ろうかと思ったが、小さな扇風機という語呂があまりに「すいかの名産地」であることに気が付いて少し感動している。

ごはんがうまい
小さな扇風機
ゆっくり寝るよ
小さな扇風機
小さな扇風機
素敵なものだね
ダラダラ過ごしていいじゃない
小さな扇風機

ってすいかの名産地のメロディーで歌ってみたよ。
特に意味は無いよ。
特に意味はないけど私の願望駄々洩れだよ。
そんなこんなー。

何を書こうか

さて、君を救うためのも12話を迎え、13話からはここにアップせずに裏でコツコツと描いていこうと思っているのですが、ひとつ問題。
ここに何を書こうか問題です。
うーん、私の私生活のこんなことあったよ日記でもいいし、ポエムでもいい、ラクガキのせるでもいいし、君を救うためのの進捗でもいいかもしれない。
ようは自由だ。
ここは私の自由帳だ!
と、至極普通の答えにたどり着きました。
イエイ!
私は自由だー!
へのへのもへじー!
バスガス爆発ー!
とりあえず今日はここまで。
次回からいつも通りのブログをよろしくです!

歯がおれた

聞いてくれブラザー。
ポエム「歯がおれた」

歯が折れた
なぜだかよく分からないが歯が折れた
私が何をしたって言うのかよく分からないが
多分何も悪い事しなくてもこういうことってあるもんなんだ

歯が折れた
歯医者に行ったら埋めてくれた
大丈夫私は生きている
どうにだってできるさ
胸は希望でいっぱいだった

晩御飯食べてたら埋めたところがまた折れた

君を救うための120

君を救うための、120ページ目です。
これでとりあえず12話終わりです。
さてさて、投稿サイトとホームページにひとまとめしなくては。
13話のネームはもうできてるので、あとは描くのみなのです。
描きたいシーンはここからが本番!
やるぜー!

サイト更新だよ~

サイトに、この前のイベントで展示した漫画とプレイ記を繋げました。
ヨロヨロよろしく~。
いやはや、やっとで言える。
阿部晴明社中の乙、米津さんがいませんか???
もしくは整くん!
ほらここ!

いるよね!
って、描いてる最中に語りたかったと言ってたことってこのことかい!
このことです!
あ、八方くんは姫五郎の息子です!
一応平方家プレイ記は最後まで作っているのですが、いかんせん前のサイトで作っちゃったから発表するときどうしようと思ってます。
多分そのまま出す。
大丈夫大丈夫!
と思うのでした。

君を救うための119

君を救うための、119ページ目です。
なんだかんだと一週間連続更新してしまった。
この調子で1日1ページづつ進んで行けば!
2か月で最終話に行けるのだ!
ははははは!
断言しよう!
多分無理!

君を救うための118

君を救うための、118ページ目です。
修正ー。
Tの呼ぶ「メグ」を「M」に修正しました。
あと114ページ目の少年の顔があまりに横平だったため少し伸ばしました。
ホームページにまとめるときは、修正したやつをアップしようと思います。
ますます。

君を救うための116

君を救うための、116ページ目です。
イエイ!
雨だぜ!
今日も特に書くことがないぜ!
あえて言ったら、私は幸せ者だってことだぜ!
幸せ感じる初夏の夜。
こんな日があってもいいと思うのよ。